AGAが回復するまでの期間はどれくらいかかるのか?

AGA治療にかかる平均的な期間は?

AGAの治療を始めてから、ある程度の発毛効果を実感し始めるまでの期間は、だいたい3ヵ月から6ヵ月が一般的だといわれています。

AGA治療のゴールをどこにおくかにもよりますが、AGA治療終了の目安としては、半年から1年をひとつの区切りとして考えることが多いようです。

AGA治療で有名な大手クリニック等の公式サイトを見ると、これぐらいに機関でだいたい90%から95%以上の方が治療による発毛効果を実感し、満足できる結果を得られているようです。

万が一、AGA治療を半年から1年程度継続しておこない、期待する治療効果が得られない場合には、新たな治療法に切り替えていくという選択肢もあります。

時系列で見る!いつどういう状態になったら効果があると判断できるのか?

ただし、誰でも均一に1年経てば効果があるわけではありません。

AGA治療を開始してから発毛効果を実感するまで、個人差はあります。

効果を実感する過程には、だいたい似通った過程を経る傾向があります。

したがって、一定の期間が経過しても、相応の変化を実感できないのであれば、かかりつけの専門医に説明を求めたり、治療方針を検討し直すことも必要かもしれません。

いくつかの代表的なAGA専門医院の情報を総合すると、それぞれの期間に実感できる効果の概要は以下のとおりとなります。

治療成果を確認するためのひとつの判断材料としてみてはいかがでしょうか。

  • ◆治療開始から1ヵ月目〜2ヵ月目の成果
  • 見た目はあまり変わることはありません。

    しかし、大半の方が、髪に弾力が出てくるなど、髪質に変化を感じ始める傾向があります。

    治療を開始してから一時的に脱毛量が増える方もいらっしゃるようですが、髪の生え変わりである初期脱毛の症状であることが多く、2ヵ月目に入るころには抜け毛は減り、産毛がはえ始めます。

  • ◆3ヵ月後の成果
  • 頭髪が薄くなっていた部分にも産毛が生え、髪1本1本が少しずつ太く丈夫になってきていることが分かります。見た目に実感んが伴うことが多くなってきます。

  • ◆半年後の成果
  • 薄毛になっていた部分だけではなく、頭髪が全体的にボリュームアップした感じを覚えるようになります。人によっては、他人から見ても明らかに増毛したことが分かるほどです。

  • ◆1年後の成果
  • 半年時点では、期待するほどの改善が見られなかったつむじや前頭部のM字部分においても、発毛効果を次第に実感できるようなります。

  • ◆1年半後の成果
  • 順調に進めば、治療開始から1年経過した時点で得られた効果が継続しています。医師と相談しながら、治療薬を徐々に減らすなどの措置も検討する段階に入ります。

まとめ

AGA治療を始めてから、経過期間に応じてどの程度の効果が得られているのか、詳細に確認しながら進めていきましょう。

そうすることで、万が一、選択した治療法が自身に適していない場合には、早めに軌道修正をすることも可能となります。なお、治療中に体調の異変を感じることがあれば、無理して我慢をせず、速やかに専門医に相談することで、安心してAGA治療を進めることができます。

薄毛が進行していても、髪の毛を生成する「毛包(もうほう)」があれば髪が再生する可能性があるといわれていますので、専門医に相談しながら早めに治療を開始することをおすすめします。

AGA治療をおこなっても、症状が改善しない可能性はゼロではありません。

しかし、90%以上の確率で増毛効果を得られている人々がいるという事実から判断すると、AGA治療による増毛効果は、かなり期待してもよいと考えて問題なさそうです。以下、有名なAGA専門の治療院およびクリニックを3つご紹介します。

信頼できて、通いやすいAGAクリニック一覧

  • ◆「銀座総合美容クリニック」 本格的な育毛メソセラピーが、2万円以下というリーズナブルな価格で受けられる東京の治療院です。実績や知名度が高く、全国から患者さんが来院しています。
    くわしい治療内容はこちら
  • ◆「AGAスキンクリニック」 発毛実感率99.4%の実績を誇る薄毛治療が人気のクリニックです。全国50ヶ所以上に医院を展開し、駅前が多く通いやすいクリニックです。。
    くわしい治療内容はこちら
  • ◆「ヘアメディカル」 治療実績16年、患者数がのべ135万以上の有名な治療院です。投薬治療中心で600パターン以上のオリジナル処方が人気となっています。東京・大阪・名古屋・福岡に全5医院あります。
    くわしい治療内容はこちら